山岳ガイド 江口正徳
エグチ マウンテンガイド サービス
本文へスキップ
公益社団法人 日本山岳ガイド協会認定 山岳プロガイド 江口正徳 がお届けする公募企画・個人ガイド・各種講習


電話でのお問い合わせは
TEL.0742-51-6119

〒631-0076 奈良市富雄北3丁目14-9-201









 北アルプス 明神岳 東稜〜主稜縦走(天幕泊)
   
   日程     <1泊2日>
2019年10月5日(土)〜6日(日)
   レベル バリエーションルート中級 体力5・技術5 
※対象:クライミング(岩登り)初級レベル経験者、西穂〜奥穂コースレベル経験者 ※登山レベル表
   定員  2名限定
   内容 鋭い岩峰群が連なる明神岳の最も歴史ある名ルートの東稜を登攀して明神岳、前穂高岳をめざします。核心部のバットレスでは短いながらも高度感満点ロッククライミングを楽しめます。コース中にて天幕となります。
   集合場所・時間 上高地バスターミナル:10時頃
   ガイド料+講習料 55,000円/1名分
   現地経費 約15,000円(2名催行時の1名分/天幕泊に関する費用、ガイド経費など)
   行程 1日目:上高地(1500m)→明神→宮川のコル→ひょうたん池(2280m/天幕泊)
2日目:→東稜→バットレス→明神岳(2931m)→2峰→3峰→4峰→5峰→岳沢コース合流→上高地下山・解散
                                      <行動:@約4時間、A9時間>
お問い合わせ/お申込み こちらからどうぞ→→

■装備リストA(一般装備/無雪期)
装 備 備 考 装 備 備 考
登山靴 岩場向きモデル又はアプローチシューズ ザック 容量35〜50リットル程度
靴下 ウールや化繊製のもの ザックカバー
下着(アンダーウェア) 速乾性、吸汗性素材のもの ストック アプローチ、下山時に有効
中間着(ミッドウェア) 速乾性、吸汗性素材の長袖シャツなど 水筒 初日、2日目共に2リットル以上必要
ズボン 伸縮性があり、濡れても乾きやすいもの 食料 栄養価の高いものを行動食として
防寒着 インナーダウンやフリース ヘッドランプ 予備電池等も必要
レインウェア 防水透湿素材のセパレートタイプ 日焼け止め
手袋 岩場に適した皮製グローブなど 持病薬類 必要時応じて
スパッツ 健康保険証コピー
帽子 時計
サングラス 紫外線対策 その他 ティッシュ類、小物袋など
■装備リスト(安全確保装備・特別装備/無雪期)
装 備 備 考 装 備 備 考
ハーネス レッグループタイプ又はボッドタイプ 確保器・下降器 ATC、ルベルソなど兼用タイプが良い
ヘルメット 必ず山岳用 カラビナ 安全環付×3枚、ノーマル×1枚
クライミングシューズ チョークも スリング 120cm×1本
シュラフ 夏用または3シーズン程度 個人用マット できるだけコンパクトなタイプ
個人用食器 軽量コンパクトなクッカー、コップ、箸など

※○=必携品  △=あると便利なもの
※装備の携帯は軽く、コンパクトが絶対条件です。
※ハーネス(カラビナセット)、確保器等はレンタルできます(各1,000円)

  バリエーションルート 公募企画一覧へ戻る→→